食乱のはじまり
1997年「地域の食文化を広め、残していきたい」という思いで地域の生産者達が集まり、スタートした食の乱反射。

当初のメンバーは8名、3年間はチケットも100枚のみと小規模なスタートでしたが、志を同じくする仲間達も徐々に増えてゆき、2009年にはチケット枚数を700枚まで増やす事となりました。

最初は何もかもが手探りで、いろんな事を考えたり試行錯誤や工夫を重ねた結果、皆様のお陰で現在では1,000人を悠に超える方々が来場してくださる奈良を代表する食の大イベントに成長しました。
私達のポリシー
汗をして自分達の立っている地面を耕す。そしてそこから採れたいのちをいただく。
”食物自給率”という失われたサイクルの再構築を目指して奮闘する農家の輝き。。。
日本の食物自給率100%を目指して!
私達は日々ガンバッています!
気持ちを共有する農家グループがお贈りする、年に一度の大食宴会。
それが、「食の乱反射」 略して「食乱」。
食の乱反射で食べた、あの美味しいお米をまた食べい。
あの時に買って帰ったバジルのペーストを食べ切ったので、
今度は農場を訪ねて買いに行きたい!
炭焼きで食べた、最高に美味しかった厚切り豚肉を今度は友人と一緒に...

そんなふうに、生産者と「食の乱反射」に足を運んでくださったお客様とが直接つながり、食や文化を通じて幸せになれる。

食の乱反射はこの地域でホンモノを作り続ける、生産者同士のネットワークを支えてゆけるワクワクした存在になれたらいいなと考えています。
出来立てアツアツ。
いつもお店で活躍している重〜いフライヤーも、
この日の為ならスタッフみんなで会場まで頑張って運んじゃいます。
やっぱり揚げたて焼きたて出来立てが一番ですよね!
結構本格的なんです。
食乱メンバーで育てた食乱小麦を使った、自慢のうどんは食べる直前に手切りで麺にします。 ダシは五條の名店「五條 源兵衛」さんのカツオたっぷり出汁など、実は凄〜く本格的だったりします。
子供たちも夢中です。
食べ終わって、ちょっと一息ついたら子供が発する第一声「もう帰ろう〜」。。
でも食乱は子供を飽きさせないブースも盛り沢山。
木工工作や、土をこねて陶芸あそび等、一度やったら止まりません。
今度は親が「もう帰るぞ〜!」になるかもです。